« 破裂骨折⑦ | トップページ | 破裂骨折⑨ »

2015年4月19日 (日)

破裂骨折⑧

3月16日(月)

今日から金曜日までは病院へ行かず仕事です。

毎週月曜日は、レントゲン。

動けない娘は、ベットまま移動、痛みもほとんどなくなりました、数字にすると1ぐらい。

一緒の病院で入院していたお友達は,肝臓の数値が落ち着いたので最後にCTをとって、週末に退院が決まりました。一か月ほどは、自宅で安静が必要ですけど、1つほっとしました。

リハビリも、最初に教えてもらったもの以外、なにもなし。

今まで忙しすぎた娘なんで、焦らんとゆっくり治して行こうねって。

寝ている以外これと言ってすることがないから、同じ破裂骨折の記事で、自分と比べてどうかなーって。

いろんな記事を見ましたが、なかなか2本破裂している方はいなくって、1本で、このぐらいのペースなんだと目安にはなりました。

そんな午後、お友達が仕事を休んでお見舞いに来てくれました。

昨日,聞かされてすぐにでも会いに来たかったって。

ほんと、娘は、幸せ者です。

娘がぽろっと、もしかしたら歩けなくなるかもしれないって、伝えました。

そうしたら、私が車いすが乗れる車に乗ってあっちこっちつれていってあげるから、心配しなくても大丈夫やーって、言ってくれた言葉に泣けてきたそうです。

こんなに心配してくれるお友達がいるなんて。

夕方までいてくれて,帰っていったみたいです。

又来るっていう言葉に、退院したら、一番に会いに行くから、三重で待っていてと頼みました。

遠いし、お見舞いに来て何かあってからでは、いけないから。

約束するかわりに、早く元気がでるように、スマホに電源が入ると彼女の顔がアップで出てきます。

とっても、笑顔。

勇気とがんばる力がもらえるって。

このころになると、背中の傷もヘルパーさんがきれいに治ってきているよって。

毎日体をふいてくれて、頭も2日おきにベットで洗ってくれました。

この頃には、目の上のあざも、ほとんど目立たなくなりました。

3月18日(水)

この日もレントゲン。

先生から、結果も、問題なし、つぶれてないし、月曜日で2週間だから、起き上がりをして、トイレデビューをしようかって。

嬉しくて、泣けてきたって。

手術後の抗生剤も今日で終わり、飲みきりました。

痛み止めは1度も飲まずでした。

3月19日(木)

この日は、お友達の足首の手術でした。

手術前後はご飯が食べれません。丸1日食事抜き。

これを聞くと、申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

ただ、3人の中では、それすらも笑いに変える会話をしているみたいで、つぶれそうな気持から、解放されていたみたいです。

病室でも、たまたま娘さんと同じ名前で、年も近いっというんで仲良くしてもらったり、そのご主人さんからお土産をいただりたりして、娘もほんとにありがたいわーって。

ヘルパーさんもシャンプーした後、長い髪だから三つ編みにしてくれました。

すっぴんに、三つ編みの顔は,キン肉マンのあの人にそっくりだと、想像できるだけに、私の気持ちも癒してくれましたね。

ベットから起き上がるまでもう少し、焦らずゆっくりです。

つづく。

|

« 破裂骨折⑦ | トップページ | 破裂骨折⑨ »

破裂骨折」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519820/61464396

この記事へのトラックバック一覧です: 破裂骨折⑧:

« 破裂骨折⑦ | トップページ | 破裂骨折⑨ »